安井金比羅宮で果たして悪縁は切れるのか?

ブログ

昨日はずっと行きたかった京都の安井金毘羅宮へ。
ええ、もちろん元嫁との縁切りをお願いするため。


旦那と2人で遠出デートなんて何年ぶり!?ってぐらいしてなかったので、今月はこの日を楽しみに生きてきたと言っても過言ではない。
付き合いたての頃はね……姫路セントラルパークとかね……香川にうどん食べに行ったりとかね……色々してたのにね……。

渋滞回避のために6〜7時ぐらいには出発したいと言われてたので5時起きで準備したにも関わらず、準備が間に合わなくて7時半にバタバタと出発。
行きの道中では嬉しすぎてまあ喋ること喋ること。わたしが。
着くまで延々喋ってたから、コーヒー1本しか買ってなかったのが悔やまれるぐらい喉がカラカラ。

9時ぐらいに安井金毘羅宮へ到着。
朝も早いしそんなに人はいないだろうというわたしの浅はかな考えに反して、意外と参拝してる人がいた。びっくりした。
そしてその中にある碑(いし)の存在感が半端じゃない。すっごい。
白いムックみたいなのがいる。

しかしそんな存在感の塊の碑を一旦通過して、まずは本殿を参拝。
神様にご挨拶。


その後に形代へと願い事を書くのだけれど、願い事を見られるとマズい。ひっじょーにマズい。

願い事を人に見られるとダメみたいやからわたしこっちのテーブルで書くわ!
旦那ちゃんはそっちのテーブルで書いて!
うん、わかった!

旦那のこういう素直なところが大好き(ちょっと騙したみたいで心苦しい)
ほら、嘘も方便って言うやん?

形代にしっかりと念を込めて願いを書きあげ、いざ碑くぐり。


存在感のせいで大きく見えていた碑とその穴、目の前にすると意外と小さい……えっ、これ大人通れるの?
痩せる前だったら普通にひっかかってたわ。死ぬ気で25kg痩せて良かった。

願いを心の中で唱えながらくぐるらしいけど、正直な話それどころじゃない。
頑張って必死で願ったけど。でもそれと同じぐらいくぐるのも必死。
ただくぐり終えた時に何か心がすっきりしたような。気のモンかもしれないけどさ。

ちなみに旦那もくぐることに成功(178cm70kg)。
二人で形代にのり付けして碑へぺたり。
悪縁が切れますように!

その後縁切・縁結のペア守をわたしと旦那の分購入。


箱は捨てて、2つセットで持っていてくださいとの事だったので2人共お財布へ。
携帯につけるという手もあったんだけど……想像したよね、これが2つiPhoneからぶらぶらとぶら下がっているところを。
結果、何か怨念しか感じられなかった。こわすぎ。ってことでちょっと悩んでやめた(2秒ぐらい)。

旦那ちゃんは車のミラーのとこにつけとけば?
よくそこにお守りつけてる人おるやん
それ交通安全のお守りな

ははーん……そういうことか……知らんかった……。

帰りは京都をぐるーっとドライブして帰りましたとさ。

次は伏見稲荷に行きたいなー。
奈良の大仏さん見に行くのもいいけど、わたし巨像恐怖症だからなあ(致命的)。

ワンコたちがいるからお泊り出来ないのがちょびっとツラい。
一緒に行くってなっても、次男坊が未だにトイレミスするから怖いし(9歳)。
……ミスどころじゃないな、嬉ションならぬ嬉ウンするんだもんこの子。
おシモどうなってんの。ちゃんと締めといてよ。

にほんブログ村 家族ブログへ