初めて尽くしの1日

ブログ

先月ぐらいに妹から「演劇のチケット貰ったから行けへん?お金はいらん」というカッコいいLINEが入ってきた。
あまり舞台に興味はなかったけれど、タダなら行かない理由はない

ということで今日、行ってきました。

到着までに心が折れそう

久しぶりに土曜日の難波を体験して、人の多さにうんざり。
トイレ行くにもコンビニのレジにも全部待ち時間が発生するのが辛い。
仕方ないんだけどね!?
仕方ないんだけど……昔はもっと人が少なかったような気がするんだよなあ……。

それよりも電車で隣の席に座ってきたオジサンがガバッと足をかっぴらいていたのが腹立った。
混んでるんだからさ!!閉じて!!
この件に関して色々思うことがあるので、また後日記事にしようと思う。

色々フラストレーションを溜め込みながら松竹座前で妹と合流に成功。
3か月ぶりぐらいかな?
もうこの歳になると3か月会わなかっただけでは特にお互い変化もないので「おう」ぐらいの挨拶。

開場まで劇場前で色々話をしたり、コンビニで飲み物を買ったりして時間を潰す。

初めまして松竹座

席に座ってびっくりした、舞台も花道もめっちゃ近い。
1階の桟敷席と呼ばれる席らしい。


妹と2人ですごいねーときゃっきゃ言いながら開演を待つ。

いざ開演

書き忘れていたけれど、今日観たのはトリッパー遊園地

2019年、ここは90年続く老舗の山ノ内遊園地。IT化が進んだ今の世の中に取り残され、社長である山ノ内マサヒロ(河合郁人)の一存で、リゾート施設ビルへの経営転換が進められている。遊園地で時代の変遷を見守って来た整備士の寅吉(榎木孝明)の勧めで、マサヒロがしぶしぶ遊園地のシンボルである観覧車に乗り込もうとすると、そこにマサヒロと瓜二つの男が現れる。男は太平洋戦争末期、南の島で戦死したマサヒロの親戚、山ノ内正彦。男に「身体を貸せ」と言われると、ほどなく勝手に体が動き出し、観覧車に乗ると、雷鳴が……
引用:松竹座

主演がA.B.C-Zの河合くん。
A.B.C-Zでは塚ちゃんが印象的過ぎて河合くんはフットボールアワーの後藤に似てるなあっていうぐらいの印象しかなかったんだけど(失礼)、演技も歌も上手だなあ。
何かもう旦那ばっかり見てるから久しぶりに若いイケメンを見るとこう……心が洗われたよね(失礼その2)。

内容はちょっと「ん?」と思うところもあったけれど、タイムスリップもののご愛敬かな。
何か所か泣けるところもあったし、個人的には大満足。
まだ明日も公演があるからネタバレとか詳しい感想は書かないようにする。うん。

終演後……

2人で遅めのお昼ご飯を食べることに。
妹から「グルメカードがあるからお金はいらん」というこれまたかっこいいセリフを頂き、姉は素直に甘える。
おひつご飯を食べて幸せいっぱい。
海鮮がね!!いっぱい乗ってたの!!
えび!!かに!!うに!!!
(人の金だと思って)

食後は散歩がてらパークスをうろうろ。
久しぶりにプリクラでも撮る?ってことでゲーセンに行ったはいいけど……
最近のプリクラ進化してるのね……おばちゃんびっくり……

※見事にキャップが被ってしまった姉妹
※妹普段帽子かぶらんのに何でやねん
※わたしのジャケット、田舎のヤンキーかって言われた

17時頃に解散。
たまには妹と出掛けるのもいいもんだね。
いい気分転換になったよ~~~。

って書くと超仲良し姉妹って感じなんだけど、実際一緒に住むとめちゃくちゃ仲悪くなる不思議。
母親ともそうなんだもん。
つかず離れずの距離が一番いい。

多分わたし、共同生活向いてないんだわ(人間終了のお知らせ)。

にほんブログ村 家族ブログへ