平穏な毎日というわけにはいかなかった

入籍までの道のり

旦那はバツイチで元嫁(旦那の6歳ぐらい上)と、元嫁の連れ子の息子(まぐろと同年代)、旦那と元嫁との間に産まれた子ども(まぐろの7歳下ぐらい)がいる。
『嫌い合って別れたわけではない』らしい元嫁一家と旦那は結構頻繁に交流があり、わたしと付き合った当初旦那は「折を見て向こうには話をする」と言っていた。

しかし話をする前に、付き合って3ヶ月程で華麗にバレた(願ったり叶ったり)

旦那とホームセンターで買い物中に旦那のポケットに入っていた携帯が、偶然元嫁に電話をかけてしまったのだ。
次のデートはどこへ行こうかだとか、衣装ケース何個買うだとか、そんな話が筒抜けもいいところ。

まあそこからは修羅場も修羅場。
元嫁はヨリを戻す気満々だったみたいだから、ぽっと出のわたしが掻っ攫って行ったみたいでそりゃあ悔しいよね。
ほぼ毎日酔って旦那に電話をかけてきてはグダグダと。
そして全く親交のなかった旦那父にも電話したらしく、どういうことだと旦那父からも電話がかかってくる始末。

ちょっとちゃんと話をしてくると言って話し合いに行った旦那は、かなり疲弊して帰宅。
娘に泣かれたことにちょっと傷付いてたみたいで、どう思う?と聞かれた。

まぐろ
ふーんって感じ。別にわたし不倫で略奪した訳じゃないし。
罪悪感とかあったりする?
旦那
まぐろ
そんなもんある訳ないやん。言い方悪いかもしらんけど、ほんまにどうでもええ。
あー、うん、さすがまぐろちゃんやわ。
旦那

褒められたのか貶されたのかわからない言葉を掛けられたけど、旦那は笑ってたのでヨシとしよう。

旦那と楽しく晩酌してても絶えず電話をかけてくる元嫁の悪口を、わたしは一切言わなかった。
元嫁はわたしのことを水商売の女だとか色々悪口言ってたみたいだけど。
(70kgオーバーで水商売して男の人をたぶらかすことが出来るなら、そのテクニックを伝授してもらいたい)
一緒になって言ってしまうと負けだと思ったし、板ばさみになっている旦那が多分嫌になると思ったから。

そのお陰で旦那の元嫁に対する評価はかなり下がり、わたしの評価は上がったようなのでこれまたヨシとしよう。

そんな事件から4年経った今、どうやら彼女はわたしのSNSをチェックしているみたい。
執念深過ぎて怖いわ。もうほっといてくれよ。
そろそろ生霊とか飛ばされそうで怖いので来週縁切り神社行ってきます。

にほんブログ村 家族ブログへ