同じお墓に入りましょう

入籍までの道のり

黒川家の戸籍筆頭者はわたし(妻)である。

というのも、旦那は元嫁と入籍する時に向こうの苗字にしたようで、離婚しても面倒だからと元の苗字には戻さなかった。
わたし自身本当は旦那の戸籍に入りたかったけど、さすがに元嫁と同じ苗字は嫌過ぎる……無理無理無理……

なので旦那にお願いした。

わたしの苗字になって欲しいねんけど
あ、うん、いいよ

二つ返事!!!
即答過ぎるよ早いよ!!苗字に愛着とかないのかよ!!あっても嫌だけど!!未練がましい!!
(どっちだ)

別に苗字にこだわりないしな~
それにお前の苗字って芸能人みたいでかっこいいやん

ポジティブなの?バカなの?

彼のバカさ心の広さに感謝しつつ、無事わたしは戸籍の筆頭者になった。
そんな彼は入籍手続き中に

くそ!画数多い!!めんどい!

とボヤいていた。
そうだよな、元々8画で済んでたのが何の段階も踏まずに突然34画になったからな。
約4倍。そりゃめんどいわ。

ちなみに会社では前の苗字のままでいるらしい。
まあ認知してもらうのめんどくさいもんな。それはわかる。
全然気にしてないよ……と言ったら嘘になるけど。

色んな人に「婿入りしたの?」と言われるけど婿とかそういうのはない。
でも女性が男性の苗字になることを嫁入りと言うのならば、我が家は婿入りしたってことになるのかな。
そんな跡取りが必要な伝統ある家でもないのに……旦那には申し訳ない。

色んな女に婿入りしている旦那は(語弊の塊)一応長男である。
いいのか長男そんなんで。
田舎の墓守れよ。

にほんブログ村 家族ブログへ