旦那との出会い~お付き合いまで

入籍までの道のり

旦那との出会いは職場。
と言っても同じ事務所で働いていた訳じゃなく、取引先の社員さん。
毎日のように仕事の電話が掛かってきて、最初は上司に取り次ぐだけだったのが段々世間話をするようになっていって。

声だけで好きになったと言っても過言ではない。

だって!めっちゃ良い声なんだもん!
電話越しで聞く声がたまらなくイイ。低くて落ち着く。
この時点では顔は見たことなかったので、さぞかしイケオジなんだろうと想像していた。
イメージ的には西島秀俊さんとか中村トオルさんとか。

そんな想像を膨らませまくっている中、旦那がたまたまうちの事務所に来る機会があったのでドキドキしながら待機。
上司には「カマキリみたいな顔してるよ」と言われてたからどんな人かと身構えてたけれど……
まさかチンピラみたいな人が来るとは思わなかった。
背が高くて細身で顔もタイ米系で(褒めてる)、シルバーフレームでレンズに色つきの眼鏡。
カマキリ感、わからなくもない。

西島秀俊さんとか中村トオルさん系イケオジも好きなんだけど、チンピラ顔も大好きだからもうストライク。完全にわたしの心にホールインワン(どうした)。

そして上司から仕事の関係でたまたま携帯番号ゲット。
自分の携帯に登録するとLINEに自動的に友達登録されて、驚きと嬉しさで飛び上がった。
LINEのID聞く手間が省けたぜぇ……!

以前からご飯行きましょうよと旦那に社交辞令で誘われていたので思い切ってLINEしてみることに。

いつご飯連れて行ってくれるんですか〜?
いつでもいいですよ!でも3/14あたりだとありがたいですね
3/14空いてます、是非!

ホワイトデーに約束を取り付けることに成功。
……しかし。

2人だと僕恥ずかしいので2対2でご飯行きませんか?
僕も仕事仲間誘うのでまぐろさんも友達誘ってもらえると

おいマジかこいつ。
クララのバカ!いくじなし!

わかりました、友達誘ってみますね!

誘わないけどな。

せっかくの2人でご飯行ける機会をやすやすと逃すほどわたしはバカではない。

ただすっごく悩んだ。
わたしデブだし(当時74kg)、本当に2人でご飯行きたくないだけなんじゃないかと。
悩んで悩んで悩んで、当然友達は誘わずに数日後旦那にLINEを入れた。

ごめんなさい、友達の予定が合わなくて……
もし2人が嫌なら別の日にしますか?
大丈夫ですよ!それなら2人で行きましょう

よっっっしゃ!!(盛大なガッツポーズ)

そうして旦那と初めてのデートをすることになったのである。

そんな出会いと駆け引きやり取りがあって、初デートから1週間でお付き合いが始まり合鍵を貰い、更にその1週間後には犬5頭を連れて転がり込んだ。
何とも見切り発車なスピード同棲をかますというわたしたちなのに、入籍までの道のりは遠かったのだ。

にほんブログ村 家族ブログへ